ルートインBCリーグの2017シーズンは8日、開幕する。参戦10年目の福井ミラクルエレファンツにとって今年は勝負の年。北村照文新監督の下、チーム一丸で念願のリーグ制覇、そして独立リーグ日本一へ突き進む。

  夢のNPB(日本野球機構)入りへ、スタートラインに立った。今季、練習生から選手登録された木内陸内野手(福井商業高出身)は数少ない地元選手で、チーム最年少の19歳。「選手としては1年目だが相手にもチームメートにも負けたくない」と期待の新戦力が闘志をたぎらせている。

 幼いころに抱いた「プロ野球選手」への夢は一切ぶれていない。高校卒業と同時にエレファンツへ入団したのは、一番の近道だと判断...    
<記事全文を読む>