BCリーグの信濃グランセローズは5日、中野市営球場で福島ホープスとオープン戦を行い、19―7で勝った。信濃は練習試合とオープン戦を合わせて、通算6勝2敗2分けで開幕前の実戦を全て終えた。

 信濃は二回、森田の適時三塁打や柴田の適時二塁打など、7長短打を集めて一挙6得点。五回には大平の満塁本塁打、西田の本塁打で5点を挙げるなど、計19安打で19得点した。投手陣は5人が登板して、7失点だった。

 信濃は1日オフを挟んで7日に調整練習。8日の午後1時から、金沢市民球場で石川ミリオンスターズとの開幕戦を迎える。写真説明:二回1死二、三塁、右中間に適時三塁打を放つ森田

...    
<記事全文を読む>