BCリーグの信濃グランセローズを運営する長野県民球団と、メインスポンサーのホクト(長野市)は、長野オリンピックスタジアム(長野市篠ノ井東福寺)で9日に行う今季のホーム開幕戦に長野広域連合管内9市町村の小学生を招待する。球団の竹内羊一社長が4日、同市の長野広域連合事務局を訪れ、西沢真一事務局次長に3万人分のこども用入場券引換券の目録を手渡した。

 9日は福島ホープスとの対戦で、午後1時に試合開始。引換券1枚で小学生は無料で入場でき、同伴の保護者1人の当日券は半額の600円になる。引換券は同スタジアムと長野県営球場(同市東和田)で行う今季の公式戦でも利用できる。

 竹内社長は「優勝して、お世話...    
<記事全文を読む>