野球の独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は4日、チームカラーの由来でもある日光市山内の世界遺産、日光東照宮で必勝祈願を行った。8日の開幕戦に向け、辻武史(つじたけし)監督は「ユニホームと同じ金色の社殿で祈願でき、気持ちが引き締まった。調整ではなく、日々鍛錬していく」と決意を固めた。

 チームを運営する栃木県民球団の古後昌彦(こごまさひこ)会長をはじめ、監督や選手ら33人がスーツ姿に金色のネクタイを締めて出席した。

 一行は3月に修理が済んだばかりの国宝「陽明門」や神厩舎(しんきゅうしゃ)の「三猿」などを見学後、祈祷殿(きとうでん)で必勝祈願を行った。選手たち...    
<記事全文を読む>