「小学生の頃に小諸で父と一緒にグランセローズの試合を見た。かっこいいと思った」。自身が選手としてプレーする場所となり「小さい子や小学生にも希望をもってもらえるようなプレーをしたい」と活躍を誓う。

 上田西高で2013年の夏の甲子園に出場。卒業後は働きながら千曲川クラブで野球を続けた。「仕事との両立がつらかった」と振り返るが、仕事に慣れてきた3年目の昨季はレギュラーを獲得。チームは9月の全日本クラブ選手権で準優勝を果たし、自身は首位打者賞に輝いた。

 大きな自信を得て「NPB(セ・パ両リーグ)に近いところでやりたい」とBCリーグを選んだ。「地元のチームなので、まずは初優勝を果たしたい」。17...    
<記事全文を読む>