BCリーグの信濃グランセローズは2日、中野市営球場で武蔵ヒートベアーズとオープン戦を行い、7―7で引き分けた。8日の開幕までのオープン戦は残り3試合。

 信濃は二回、2死一、二塁からライ、中川の連続適時打で3得点。3点リードの七回、高井が本塁打2本を浴びて1点差に迫られると、八回には先生が2点本塁打を打たれて逆転された。直後の攻撃でライが本塁打を放ち、追いついた。

 信濃は3日、金沢市民球場で石川ミリオンスターズとオープン戦を行う。写真説明:七回、本塁打を浴びた高井(18)の周囲に集まる信濃の選手

...    
<記事全文を読む>