神奈川工大を今春卒業したばかり。硬式にこだわりはなく、軟式のクラブチームに所属することも考えていた。転機は大学のリーグ戦。「(球団会長の)三沢さんが見に来てくれて、声を掛けてくれた」。BCリーグへの挑戦を決意した。

 野球好きの父親の影響を受け、小学1年から野球を始めた。高校、大学と目立った成績は残せなかったが、「野球に思いっきり取り組める環境が魅力だった」。大好きな野球に専念できることに喜びを感じている。

 ミート力と走力には自信があり、守備では内野手と外野手のどちらもこなせることが強みだ。まずはレギュラー入りが目標。そして「規定打席に到達し、3割以上打てるようにしたい」と言い切った。1...    
<記事全文を読む>