東北楽天の絶対的守護神が崩れた。2-2の九回2死一、三塁、松井裕が投じたスライダーは高めに浮き、田中賢に痛恨の右前打を浴びた。今季初めての救援失敗でサヨナラ負けを喫した左腕は「点をやったらおしまいの場面。持っている力を出して抑えようということだけ考えたが…」と冷静に振り返った。

 九回1死から近藤に11球粘られた末に四球を選ばれ歯車が狂い始めた。4番中田を三振に仕留めたものの、同時に近藤の二盗を許し、一打サヨナラの場面で打者はレアード。マウンドに駆け付けた与田投手コーチから敬遠か勝負かの選択を委ねられて勝負を取ったが、結果は左前打で一、三塁と傷口を広げた。

 「勝負を選んだのに打ち取り切れ...    
<記事全文を読む>