東北楽天は29日からゴールデンウイーク(GW)の8試合に臨む。5月7日までの間、日本ハム2連戦を皮切りに、1日挟んでオリックス、西武との6連戦がある。相手はエース級や好調な投手の先発が予想され、開幕ダッシュをけん引した先発陣で勝負する。

 28日に仙台市のコボパ宮城であった全体練習。梨田監督は「今回は結構いい投手が回ってくるね」とGWの対戦相手を思い描き、表情を引き締めた。

 日本ハムは有原、オリックスは金子、西武は菊池(岩手・花巻東高出)と、開幕投手を務めたエースがカード初戦で先発する見通し。首位を走る東北楽天との差を詰めようと、どのチームも必死に挑んでくる。

 東北楽天にも好材料はある。...    
<記事全文を読む>