プロ野球イースタン・リーグの楽天の今季県内初戦となる西武戦が28日、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(県野球場)で行われ、西武が7-6で逆転勝ちした。楽天の捕手下妻貴寛(酒田南高出)は出場機会がなかった。

 楽天は三回に3点を先制したが、四回に2点を奪われ、七回に5失点して逆転された。八回に6番八百板卓丸の適時打などで2点を返し、九回に1点差まで追い上げたが、及ばなかった。

 楽天-西武は29、30の両日も同球場で行われる。いずれも午後1時開始。今季、県内では楽天2軍戦が7試合行われる。

 また6月6日には、県内初の1軍の交流戦として楽天-DeNA(山形新聞、山形放送、楽天野球...    
<記事全文を読む>