◇ソフトバンク3-1オリックス ソフトバンクは1-1の七回に川崎の安打から、途中出場の福田の1号2ランで勝ち越した。中田は丁寧にコースを突き6回1失点で2勝目。九回はサファテが締めて9セーブ目。オリックスは打線が振るわず、連勝が3で止まった。

     ◇ 七回1死二塁で決勝2ランを放ったソフトバンクの福田は興奮を隠せなかった。代走や守備固めで起用される今季は、この打席まで8打数無安打。この日も死球の柳田に代わっての途中出場。それが初安打の打球が右翼フェンスを越えたのだ。

 1ボールからの2球目の直球を仕留めた福田は「狙っていたストレートを1球目で仕留められて良かった。これもムネさん(川崎)...    
<記事全文を読む>