東北楽天の今季の戦いぶりについて、元ロッテ捕手の佐々木信行さん、元東北楽天投手の山村宏樹さんの2人に随時、解説してもらいます。

 東北楽天はここまで15勝4敗。攻撃面では多くの人が言うように、1番茂木、2番ペゲーロが機能している。

 相手投手にすれば、一回から脅威だ。普通は打者への入りは、甘いところでストライクを取って、徐々に厳しいコースを狙っていく。ところが、長打があってどんどん振ってくる茂木、ペゲーロがいきなり相手だと、最初から勝負球をもっていかないといけない。

 立ち上がりから厳しい投球を強いられ、投手はなかなかリズムに乗れない。僕が捕手だったら、攻めづらいと思う。<5番以降でも一山>...    
<記事全文を読む>