東京六大学リーグで通算3本塁打を放ったルーキーが、プロの壁に直面している。ここまでの8打席で6三振。「全然駄目。バットに当たらないんです」と落ち込んでいる。

 スイングは豪快そのもの。バットを目いっぱい長く持ち、どんな球にもフルスイングで挑む。ただ、打とうと思った球は、捕手のミットに一直線。バットはむなしく空を切る。

 三振した後は、苦虫をかみつぶしたような顔でベンチに引き揚げる。「当てようとしているのに当たらない。ショックですよね」としょんぼり。何事にも動じないマウンド上とは一転、感情をあらわにする加藤だった。(友岡真彦)

...    
<記事全文を読む>