東北楽天は投打がかみ合って3連勝。今季最多の貯金10とした。打線は一回にアマダーの犠飛で先制し、二、四回と着実に加点。3-2とされた八回に嶋のソロで再度2点差に広げた。先発辛島は変化球を駆使して7回2安打1失点の好投で3勝目を挙げた。八回以降はハーマン、福山、松井裕の継投で逃げ切った。

 ロッテは八回1点差に迫った後の2死一、三塁で一打を欠いた。

 東北楽天-ロッテ3回戦(東北楽天3勝、18時1分、東京ドーム、45,211人)ロッテ000100010=2東北楽天11010001×=4(勝)辛島3試合3勝(S)松井裕14試合2勝9S(敗)西野3試合1勝2敗(本)大嶺翔1号(1)(辛島)=4回...    
<記事全文を読む>