既に4月勝ち越しを決めている東北楽天。投打ともに安定した戦いを見せています。ウィーラー内野手にも復調の気配があり、今江年晶内野手が復帰。あと1カ月もすれば安楽智大投手も戻ってくるでしょう。層が厚くなれば、より堅い試合運びができそうです。

 この快進撃の中で、素晴らしい活躍を見せているのが、1番を打つ茂木栄五郎内野手です。ここまで先頭打者本塁打2本を含め5本の本塁打を打ち、チーム2位の13打点。まさにチームをけん引している切り込み隊長です。

 打撃の評価が高い茂木ですが、今回は2年目の「守備の変化」に注目します。東北楽天に入団後、三塁手から遊撃手にコンバートされ、レギュラーに定着。茂木の守備...    
<記事全文を読む>