神宮球場の屋内練習場で見慣れぬ打撃捕手がいた。マスクを脱ぐと正体は植田バッテリーコーチ。遠征先で捕手のスタッフが少なかったため、「俺も捕手。みんなで協力してやっていきたい」と裏方を買って出た。

 防具を身に着ける姿は珍しいのではと問うと、やんわり否定された。「春季キャンプの紅白戦で投球練習も受けたんだ。投手ばかり見ているから気付かないんじゃないか」 ただ選手のリアクションは素直だ。会沢は「プレミアだね」と、にやり。10年ほど前のレガースも、傷も少なくぴかぴかのまま。身にまとう機会がめったにないことを物語っていた。

...    
<記事全文を読む>