東北楽天のベンチで、ソフトバンクから今季加入した細川亨捕手が存在感を発揮している。出場はまだ2試合だが、イニングの間に投手や嶋捕手に助言を与え、チームの快進撃を陰で支える。西武とソフトバンクで5度の日本一を経験し、パ・リーグを知り尽くす37歳。梨田監督も「いいアドバイスをしてくれ、いい情報も伝えてくれる」と全幅の信頼を置く。

 試合中、東北楽天の選手が守備からベンチに戻ると、細川はバッテリーに歩み寄り、盛んに言葉を交わす。「投手には『今日のスライダー、曲がりはどう?』とか聞いて、『僕ならこういう配球をするよ』と伝えている」と言う。

 試合中はベンチに座っていても、「いつ出番が来てもいいよう...    
<記事全文を読む>