東北楽天は今季最多15安打で11得点と打線が爆発し、連敗を2で止めた。一回に銀次の適時打などで3点を先取。三回はアマダー、四回には嶋とペゲーロのソロで計3点を加えた。六回以降は松井稼、島内のソロなどで突き放した。先発美馬は9回2失点の今季初完投でリーグトップタイの3勝目。

 ソフトバンクは今季初先発の大隣が四回途中6失点と誤算だった。ソフトバンク-東北楽天5回戦(東北楽天3勝2敗、18時、ヤフオクドーム、33、223人)東北楽天  301202102=11ソフトバンク000000101=2(勝)美馬4試合3勝(敗)大隣1試合1敗(本)アマダー2号(1)(大隣)=3回、嶋1号(1)(大隣)...    
<記事全文を読む>