2試合連続で、延長十二回までもつれ込んだ末に東北楽天はサヨナラ負けを喫した。最後は8番手青山が1死満塁からデスパイネに中犠飛を打たれてゲームセット。今季登板した3試合でいずれも失点と精彩を欠く右腕は「技術不足。最後まで頑張ってつないでもらったのに、チームに申し訳ない」と肩を落とした。

 五回までに3点を先取し、先発釜田も1安打無失点。理想的な勝ち展開の試合を落とした伏線は六回にさかのぼる。

 2死走者なしから釜田が四球と内野安打で走者を得点圏に背負ったところで「傷口を広げる前に」(与田投手コーチ)と救援陣にスイッチ。だが左のワンポイントの2番手高梨が柳田に四球を与え、さらに3番手福山が適時...    
<記事全文を読む>