東北楽天は2戦連続で延長十二回のサヨナラ負けを喫し、今季初の2連敗となった。3-3の延長十二回、1死満塁で8番手青山が中犠飛を許し、勝負を決められた。打線は五回までに岡島や茂木のソロなどで3得点。先発釜田は六回途中2失点で降板し、後を継いだ高梨、福山がピンチをしのげず同点にされた。

 ソフトバンクは六回途中から5投手の継投で反撃をかわした。

 ソフトバンク-東北楽天4回戦(2勝2敗、18時、ヤフオクドーム、30、142人)東北楽天  110010000000=3ソフトバンク00000300000X=4(延長12回)(勝)五十嵐9試合2勝(敗)青山3試合1敗(本)岡島1号(1)(中田)=2回...    
<記事全文を読む>