東北楽天が延長サヨナラ負けで、連勝は4で止まった。4-4の延長十二回、5番手森原が1死一塁から浅村に適時打を浴び、試合を決められた。打線は七回までに茂木とペゲーロのソロなどで4得点。先発則本は4-2の八回、適時打などで2失点と踏ん張れなかった。

 西武は同点の九回以降は継投でしのぎ、延長十二回を抑えた武隈が今季初勝利。

 西武-東北楽天3回戦(西武2勝1敗、18時1分、メットライフドーム、11,476人)東北楽天110010100000 =4西  武000002020001×=5(延長12回)(勝)武隈7試合1勝(敗)森原11試合1敗(本)茂木4号(1)(多和田)=1回、ペゲーロ6号(1)...    
<記事全文を読む>