早めに手を打つ必要があると感じた。開幕から9試合を終えて2勝7敗。バファローズとの3連戦初戦を1-11で敗れた翌日の4月12日の練習前。伊東勤監督は京セラドームにチームバスが到着をするや三塁側選手サロンに全員集合を指示した。3月31日のシーズン開幕から1週間と少しばかり。早くも緊急ミーティングが開かれた。

 「もっとシンプルにプレーをしよう。そしてフォア ザ チームの気持ちを忘れないでくれ。まだ、シーズンは始まったばかり。結果を恐れず、積極的に戦おう」 選手たちの目を見ながら切実に問い掛けた。ここ数日間、ベンチに重い空気が充満をしているのを感じた。そして選手たちがどこか気負いながらプレー...    
<記事全文を読む>