東北楽天が開幕から12試合を戦って10勝2敗と、見事なスタートダッシュを決めた。大きく貢献するのが盤石の継投を見せる救援陣だ。七回森原、八回ハーマン、九回松井裕の勝ちパターンの投手リレーが安定し、3人合わせてもいまだ1失点。梨田監督も「だいぶ固まってきた感じがする」と勝利の方程式に手応えを得つつある。<森原9試合無失点> 昨季の出だしは試合終盤の継投が決まらず、まさかの逆転負けで落とす試合もあった。今季は開幕戦、同点に追い付かれた七回途中から森原、福山、松井裕、ハーマンの無失点リレーで延長勝ちをつかみ、形ができた。森原は登板9試合で9回を無失点。伸びのある直球で真っ向勝負し、梨田監督は...    
<記事全文を読む>