広島は10連勝を含む11勝3敗1分けと、開幕15試合を快調に滑り出した。2位阪神に2・5ゲーム差を付ける首位。1試合平均6得点の攻撃力で勝ち星を重ねると、投手陣は若い先発が台頭し、投打の歯車がかみ合った。開幕ダッシュの要因を探る。

...    
<記事全文を読む>