「きょうはワーストゲーム」。開口一番、伊東監督は不満げに振り返った。先発の唐川が1本塁打を含む8安打5失点。2回2/3でKOされると、打線は八回に2点を返すのが精いっぱい。同リーグ5球団との対戦が一巡し、四つの借金を抱えた。

 今季初勝利を目指す27歳は一回、浅村、中村に連続適時打を浴びていきなり2失点すると、二回にも追加点を許した。三回には山川に特大2ランを打たれ、この回途中で降板。甘く入った球を次々と外野へ運ばれ、「先頭を抑えてリズムをつくっていかないと…」と唇を噛んだ。

 序盤の大量失点は、今の打線にはあまりにも重すぎた。相手先発ウルフらの前に凡打の山を築き、七回まで散発4安打。八回...    
<記事全文を読む>