【夕張】プロ野球北海道日本ハムは16日、全国唯一の財政再生団体・夕張市を支援するイベントを市文化スポーツセンターで開き、球団スポーツ・コミュニティ・オフィサー(SCO)稲葉篤紀さん(44)が市内の小中学生に体を動かす楽しさを伝えた。球団は市に対し、幼稚園の送迎車両(園児26人乗り)を9月に寄贈する。

 球団が今季、夕張などが舞台の映画「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」をモチーフに、黄色が基調の限定ユニホームを作ったことがきっかけ。教室では約60人がトレーニング方法などを学び、少年野球団の工藤正弥君(11)=ゆうばり小6年=は「稲葉さんを間近に見て感激した。一生の思い出になる」と話した。...    
<記事全文を読む>