東北楽天が誇る強打の外国人トリオ、2番ペゲーロ、3番ウィーラー、4番アマダーが開幕から初めて3連打でつながり、今季最多の貯金7をもたらした。池山チーフコーチは「ようやくだね。まだ安心はできないけど、どんどん前に進んでいる」と本領発揮の気配に期待した。

 1-0の六回、先頭のペゲーロが口火を切った。チームが打ちあぐねていた有原の変化球を完璧に捉え、右翼席中段まで運ぶ5号ソロ。「あれで相手がガクッときた」(梨田監督)。触発されたウィーラー、アマダーも単打で無死一、二塁の好機を築く。続く銀次の右中間二塁打で決勝点となる3点目をもぎ取った。

 開幕から不動の1~5番にあって、絶好調のペゲーロに対し...    
<記事全文を読む>