仙台市出身の岸孝之投手(32)が16日の日本ハム戦で先発し、東北楽天の一員として初めてコボパ宮城のマウンドを踏む。宮城・名取北高から東北学院大という、決して近いとは言えない道から、プロの世界へどうたどり着いたのか。(金野正之)◎故郷のマウンドへ(上)目覚め 2002年夏、全国高校野球選手権宮城大会は秋にドラフト1位でプロ野球ヤクルトへ進む東北・高井雄平投手が大スターだった。岸の名取北は2回戦で仙台二に2-4で敗れる。「あの負けがなければ、岸は今、野球をしていなかっただろう」。監督だった田野誠さん(45)=現利府高監督=は、この日が岸の転換点とみる。

 「甲子園の『こ』の字も出ないチームで...    
<記事全文を読む>