日本球界初勝利はお預けとなったが、強力打線相手に手応えは得た。初先発は4回88球を投げ2安打1失点。2点リードで栗山監督は早めの継投策を選択した。

 序盤から力強い直球とツーシームを主体に、凡打を打たせてアウトを重ねた。三回まで無安打投球だったが、一方四回までに5四球と制球に苦労した。四回一死一、三塁から高谷に左前適時打を許し1点を献上。球数もかさみ早めの降板となった。村田は「もうちょっといきたかったのはあるけど、自分でボール、ボールとなってしまった。仕方ない」と反省した。

 それでも降板後には「ある程度できるかなと思った。五回、六回は投げないといけないし、それぐらいしないといけない」と話...    
<記事全文を読む>