◇広島11-5巨人 広島が逆転勝ちで10連勝を飾った。4-5の九回に代打松山のソロで同点。さらに丸の2点適時打で勝ち越し、その後も石原の2年ぶりの本塁打となる3ランなどでこの回計7点を奪った。巨人は抑えのカミネロが来日初黒星で4連敗。

 ◇  勝利を信じる巨人ファンの声援はみるみるうちに小さくなり、最後には静まり返った。1点を追う土壇場の九回、打者一巡の猛攻で試合を決めた広島。不振の松山の同点本塁打を皮切りに打線が底力を見せつけ、終わってみれば12安打11得点。チーム一丸で手にした勝利で連勝はついに2桁の大台に達した。

 4-5で迎えた九回。先頭で代打松山が打席へ。マウンドには150キロを超...    
<記事全文を読む>