東北楽天の先発則本が試合をつくれなかった。一回に3点の援護をもらったが、毎回走者を許す苦しい投球でリズムに乗れないまま5回10安打6失点でKOされた。「球のコントロールができなかった」と肩を落とした。

 立ち上がりから直球は150キロ台を示し、球の勢いはいつもと変わらない。だが、高めに浮く球が目立ち、暴投が二つと制球が定まらなかった。三~五回は適時打や犠飛で立て続けに2点ずつ献上。打たれた10安打はほとんどが直球を狙われ「配球を見直さないといけない」と課題を挙げた。

 四、五回はいずれも渡辺に安打で出塁され、得点の足掛かりを築かれた。昨季は9打数5安打と分が悪かった相手。則本との相性の良さ...    
<記事全文を読む>