東北楽天のアマダーが3-10の九回、今季1号となる左越え2ランを放った。開幕から42打席目での待望の初アーチだが、チームが敗れただけに、試合後は「打てて良かった」と言葉少なだった。

 4打席目までは無安打3三振だった後、九回2死一塁から小石の2球目の直球を捉え、打球は左翼ポールを直撃した。

 打率1割台と不振に苦しむ3番ウィーラーと4番アマダーの復調は打線の最重要課題。池山チーフコーチは「2人とも打席の中で球を見過ぎていた。アマダーはこの一発をきっかけにしてくれれば」と期待した。

...    
<記事全文を読む>