九回のマウンドに守護神・増井が帰ってきた。昨季は先発転向も経験、今季開幕時にはマーティンにその座を譲った。しかしマーティンが右肘の張りで11日に登録抹消。増井に大役が託された。

 八回に1点を返され、リードは1点。最も緊迫したセーブシチュエーションだが、「(抑えの立場は)一回失ったもの。思い切っていきたい」。試合前から出番を待ち望んでいた。

 1日以来、11日ぶりの登板は、先頭の松田に左前打を許した。しかし続く高谷は犠打を試みるも、捕邪飛に打ち取り、一死一塁。9番・上林は直球だけで追い込み、決め球のフォークで空振り三振に斬った。最後は今宮を遊ゴロに沈め、今季初セーブをマーク。低めへの制球を...    
<記事全文を読む>