プロ野球東北楽天は9日、千葉市のZOZOマリンスタジアムでロッテとの2回戦を行い、4-1で勝った。インフルエンザ感染で開幕戦先発を回避した岸が先発で今季初登板し、6回4安打1失点の好投で移籍後初勝利を挙げた。

 強い雨に見舞われる悪条件の中、岸は立ち上がりから直球、変化球ともに抜群の制球を見せ、五回まで走者を背負っても要所を締めた。唯一の失点は六回2死から鈴木に喫した中越えのソロ。それでも、2点のリードを守って降板した岸は「あいにくの雨だったが、集中力を切らさずに投げられたのがよかった」と振り返った。

 打線は一回、茂木の先頭打者ソロと島内の適時打で計2点を先取。四回には茂木の適時打、八回...    
<記事全文を読む>