プロ野球は8日、セ・パ両リーグの6試合を行い、埼玉西武はソフトバンクに6―1で快勝。本拠地メットライフドームで初勝利を挙げた。

 埼玉西武は先発した野上が6回4安打1失点と好投した。七回牧田、八回シュリッター、九回増田と継投し、追加点を許さなかった。打線は一回、浅村の適時打と栗山の1号2ランで3点を先取。三回にもメヒア、木村文の連続タイムリーで2点を加点した。八回にはメヒアの1号ソロでダメを押した。

 9日もソフトバンクと顔を合わせる(13時・メットライフドーム)。■真骨頂、抜群の制球力/野上 一回に3点を奪った先制劇も見事だったが、先発した埼玉西武・野上の好投も見逃せない。伸びのある直球...    
<記事全文を読む>