日本ハムの大谷翔平選手(花巻東高)が8日、京セラドーム大阪で行われたオリックス2回戦で左太もも裏を痛めて途中交代した。大阪市内の病院で精密検査を受け「左大腿(だいたい)二頭筋肉離れ」と診断された。試合に復帰するまで4週間程度かかる見通し。

 「3番・指名打者」で先発した大谷は一回に三ゴロに倒れた際に違和感を訴えた。ベンチ裏でアイシングを受け、四回の打席で代打を送られた。試合後、大谷は自力で歩いてバスに乗り込んだが「僕からは何も言えない」と話していた。

 大谷は昨年の日本シリーズでの走塁中に右足首を痛め、今年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の出場を辞退した。右足首の状態が万...    
<記事全文を読む>