大谷翔平投手が8日、試合中の走塁で左太もも裏を痛めて途中交代し、試合後に大阪市内の病院で「左大腿(だいたい)二頭筋肉離れ」と診断された。試合復帰まで4週間程度かかる見通し。

 3番指名打者で出場した大谷は一回2死で三塁ゴロを放ち、一塁を駆け抜けた後に左脚の違和感を訴えた。四回の第2打席は横尾が代打に送られた。

...    
<記事全文を読む>