東北楽天は昨季4度の対戦で一度も勝てなかった「天敵」涌井を、打線がしぶとく攻略した。

 KOの場面は2-2で迎えた六回。それまで2安打の銀次が口火を切る。「中堅から左方向を狙った」。カウント1-2と追い込まれた後、内角高め、ボール気味の難しい直球を巧みにさばき三塁線を破った。

 藤田が敬遠気味に歩かされた後の2死一、二塁、今度は嶋が食い下がった。カウント2-2、「どの球にも対応するためコンパクトに振ることを考えた」。涌井の外角直球を右前にはじき返し、勝ち越しに成功。その後ペゲーロの適時二塁打で3点リードとして、ついに涌井を引きずり降ろした。

 「ボディーブローのように効いた」。梨田監督がたた...    
<記事全文を読む>