東北楽天に西武からフリーエージェント(FA)移籍した岸孝之投手が、9日のロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)で今季の初登板を迎える。開幕5勝1敗と好スタートを切ったチームの「良い流れを続けられる投球をしたい」と意気込む。

 7日は仙台市のコボパ宮城でランニングや投球などで調整した。「体はだいぶ元に戻った。投げる感じも良い」と順調のようだ。

 インフルエンザに感染したため開幕投手を務められず、「すごく投げたかった。悔しかった」。チームに対しても「申し訳ない気持ち。なるべく取り返せるよう臨みたい」と挽回を誓う。

 ZOZOマリンは相性が良い球場だ。2014年5月2日のロッテ戦で、ノーヒットノーラ...    
<記事全文を読む>