ともに開幕投手を務めた埼玉西武・菊池、ソフトバンク・和田の投げ合い。左腕同士の意地がぶつかる一戦で菊池は7回4失点と試合はつくったが、今季初の黒星を喫しチームは3連敗。リーグ屈指の左腕対決で敗れ「調子自体は悪くなかった」と悔しがった。

 立ち上がりは完璧だった。好打者がずらりと並ぶ相手打線を一回は三者凡退で切って取った。

 しかし二回。いきなり先頭の内川に3号ソロを浴びる。さらに四球、安打で1死一、二塁とし、一塁手メヒアが失策。不運な形で追加点を与えた。なおも一、三塁で今度は併殺崩れの間に3点目を献上した。

 六回には1死から再び内川にスライダーを捉えられソロを浴びた。「良いコース、高さに投...    
<記事全文を読む>