<ソフトバンク4-2西武> 西武の菊池雄星(花巻東高)は要所で内川に一発を浴びた。7回4失点(自責点2)でプロ入り以来、ソフトバンク戦は通算で勝ち星なしの9敗目。また苦手を克服できず「点の取られ方が悪かった」と自らを責めた。

 二回に内川に先制のソロを浴び、メヒアの失策もあって計3点を失う。味方が五回までに2点を返すも、六回、再び内川に内角のスライダーを左越えに運ばれた。「まだまだ力不足。六回の1点がなければ、結果も変わっていたかもしれない」と反省の言葉を並べた。

...    
<記事全文を読む>