5時間24分の熱戦に終止符を打った証しは、瞬く間に売り切れた。

 1日の阪神戦(マツダ)の延長十回に、サヨナラ内野安打を放った安部のTシャツだ。限定600枚は3日の正午から3分ほどで完売となった。お立ち台で商品化を求めた本人は「妻も注文しようとしたら、すでに買えなかった」と人気ぶりに驚く。

 ただ完全に要望が通ったとは言い難い。今回はあくまでサヨナラ打の記念商品。自身が商品化を熱望しているキャッチフレーズ「覇気」Tシャツの発売は先送りされたままだ。「どうしてなんだろう…。もっと打てるように頑張らないといけない」と、グッズ担当者に向けたアピール打を重ねるつもりだ。(上木崇達)
<...    
<記事全文を読む>