「本当にうれしい」。普段は表情を崩すことの少ないルーキーが、お立ち台で笑みをこぼした。千葉ロッテのドラフト1位新人・佐々木(桜美林大)がプロ初登板し、5回を3安打1失点。初めての白星をマークし「先輩方が打ってくれて勝ち投手にしてくれた」と初々しくチームメートへ感謝の言葉を述べた。

 「今まで経験したことがない」という風速10メートルを超える強風の中でのマウンド。直球でストライクが思うように入らず、毎回の6四球と制球には苦戦した。だが、同い年の捕手田村からアドバイスを受け、風で曲がりが大きくなった変化球、特にカーブを決め球に最少失点に抑えた。最後のイニングとなった五回2死一、二塁で迎えた4...    
<記事全文を読む>