東北楽天の先発森は無安打ながら6四死球と制球に苦しみ、四回にアクシデントもあって4回1失点(自責点0)で降板。「調子は良かった。四球はあったが、打者に向かって投げられた」と振り返った。

 三回まで3四死球を与えながらも、要所では最速140キロ台後半の直球と変化球で三振を奪った。四回、先頭の柳田と対した時に左脚がつり、この回は3四球に3盗塁を許し、味方の失策も絡んで1点を失った。「走られたのは対策しないといけないが、無安打は自信にしたい。次があればまた頑張る」と話した。

...    
<記事全文を読む>