東北楽天の継投策が吉と出た。2-1の五回、4回1失点で勝利投手の権利まであと1イニングの先発森に代え、マウンドに送ったのは、左打者キラーと期待される新人の左腕高梨。「森は四死球が(六つと)多かった。交代で流れがこっちに来ると思った」と、梨田監督の采配が的中した。

 「リードする展開の登板は初めて。気持ちが入った」。高梨は1死から連打で一、三塁のピンチを招いたが踏ん張った。本多を得意の外角に逃げるスライダーで空振り三振。「球の高さを間違わないよう気を付けた」。最後は柳田を低めのスライダーで二ゴロに打ち取り、拳を握りしめた。

 「高梨がピンチを切り抜け、後の投手に火がついた」と梨田監督。六回以...    
<記事全文を読む>