東北楽天は五回から5投手をつぎ込む継投が決まり、逃げ切った。

 三回にペゲーロの3号2ランで先制。四回に1点差とされたが、七回に島内の三塁打と敵失で1点を追加した。投手陣は先発森が4回1失点で降板後、五回から2番手高梨ら5人が1回ずつ無失点でつなぎ、高梨はプロ初勝利。

 ソフトバンクは打線が3安打と湿り、投手陣を援護できなかった。

 東北楽天-ソフトバンク3回戦(東北楽天2勝1敗、13時、Koboパーク宮城、24,841人)ソフトバンク000100000=1東北楽天  00200010×=3(勝)高梨3試合1勝(S)松井裕4試合1勝2S(敗)バンデンハーク1試合1敗(本)ペゲーロ3号(2)(...    
<記事全文を読む>