悩めるチームを救ったのは、主将の一振りだった。千葉ロッテの鈴木が七回、起死回生となる逆転2ラン。一時は4点差をつけられたゲームを制して開幕からの連敗を4で止め、「みんなに焦りがあったが、引っくり返したことに意味がある」と振り返った。

 1点差に詰め寄った直後の2死一塁、相手は左キラーの宮西だった。簡単に2ストライクを取られたが、そこから4球粘り、7球目。「(狙う)意識が強かった」というスライダーをバットに乗せ、軌道は右翼スタンドへ。伊東監督は今季チーム1号となる一発で試合を決めたキャプテンを「大地(鈴木)の責任感が乗り移った本塁打だった」とたたえた。

 昨季まで下位に座ることが多かったが...    
<記事全文を読む>