八回の守備から途中出場した東北楽天の三好が、今季初打席で適時二塁打を放った。「甘いところに来た球を初球からしっかり振っていけた」と話した。

 八回2死二塁で、五十嵐の高めに浮いた変化球を左翼線に運んだ。二走の聖沢が生還し、今季初安打と初打点を記録。試合中はベンチに控える機会が多い中、「試合前後の練習でしっかりバットを振り込んでいるから」と要因を挙げた。

 直後の九回、得意の二塁守備で二遊間のゴロが内野安打となり、失点につながった。「(遊撃の)茂木とどちらが取るかで迷い、一瞬遅れてしまった。守備のミスはしてはいけない」と反省を口にした。

...    
<記事全文を読む>