東北楽天は球団初の開幕5連勝を狙ったが、投手陣が大崩れ。先発釜田が4回7失点と試合をつくれず、その後も失点を重ねて勝機を手放した。相手は昨季14勝の武田。「我慢比べと思っていただけに、早々に失点したのが痛かった」と梨田監督は悔やんだ。

 釜田が誤算だった。オープン戦は3試合15回で自責点2の防御率1.20。梨田監督は「一番安定感がある」と信頼して送り出したが、長打攻勢に屈した。

 二回、長谷川勇(山形・酒田南高-専大出)の右越えの2点三塁打で先制を許すと、三回は内川に左翼席へ3ラン。四回も長谷川勇に適時三塁打を浴びるなど2失点。制球に苦しみ、ストライクゾーンで勝負できず「今日は何をしても駄...    
<記事全文を読む>