東北楽天に今季、西武からフリーエージェント(FA)移籍した岸孝之投手の初先発が、9日のロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)に決まった。5日のソフトバンク戦後、梨田監督が明言した。

 岸は開幕投手を務める予定だったが、直前にインフルエンザに感染して回避。3日から本格的な投球練習を再開し、初登板に向けて調整していた。梨田監督は「本人は『迷惑を掛けました』と言っているけど、仕方がない。(9日が)彼にとっての開幕日。頑張ってほしい」と話した。

 9日はロッテ2連戦の第2戦で、エース級が先発するカード初戦ではないが、梨田監督は「こだわるとローテーションが崩れる」と説明。今後の起用については「いつか(...    
<記事全文を読む>